サービス提供責任者

サービス提供責任者の仕事に注目!

Pocket
LINEで送る

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者は、訪問介護サービスの責任者です。在宅介護での実施計画や、訪問介護員の指導と管理をします。また訪問介護計画書に従って、介護サービスを提供するのがサービス提供責任者でもあります。
サービス提供責任者は、訪問介護サービスの利用者と介護サービス、そして関係機関の調整役です。信頼関係が重要なポイントになるこの仕事は、計画書を作成し、訪問介護サービスをスムーズに遂行していくことにやりがいを感じられる職種でもあります。さらに訪問介護サービスでは、利用者から感謝されることや、周囲から頼りにされることも魅力のひとつです。様々な利用者の訪問介護サービスを務めていき、経験を積むことによりスキルアップでき、キャリアパスとなります。

サービス提供責任者の仕事内容

訪問介護サービスは、ケアマネジャーによるケアプランを基本として行なわれます。そして、サービス提供責任者が全般的なコーディネートにあたります。利用者の自宅に伺い、要望をヒアリングして訪問介護計画書を作成します。要介護認定に変更部分があれば、そのタイミングでケアマネジャーがサービス担当者会議を開き、サービス提供責任者もそこに出席します。利用者への訪問介護計画書の説明を行い、状況に合わせて様々な相談に乗り、プランを作り上げていきます。この微調整は大切な仕事で、ケアマネジャーと連携して相違していないかチェックしていきます。
訪問介護員の管理もサービス提供責任者の仕事です。訪問介護員の選定や配置にも配慮します。配属した担当訪問介護員に悩みなどがあれば相談相手にもなり、業務の指導もしながらスキルアップを促します。常にモチベーションを観察しながら支援することが大切です。またサービス提供責任者が事業所長を兼ねる場合、収支管理や人材採用なども仕事となります。現場では実務が必要なこともあり、要求があればサービス内容を変更してでもサポートにあたります。その都度、臨機応変に対応できる能力も持ち合わせなければなりません。

サービス提供責任者に必要な資格

サービス提供責任者として仕事をするために必要な資格は、「介護福祉士」「実務者研修修了者」「介護職員初任者研修修了者」です。また3年以上介護実務に従事した経験と、旧課程である「介護職員基礎研修課程修了者」「ホームヘルパー1級課程修了者」「ホームヘルパー2級課程修了者」も、取得可能になります。しかしこの中でも、「介護職員初任者研修修了者」と「ホームヘルパー2級課程修了者」の場合は、報酬の減算対象になる可能性もあるため、事前に関係機関へ確認しておきましょう。

介護業界でキャリアアップするコツ!

資格を取得してステップアップ!

資格を取得してステップアップ!

介護職は、資格を取ることがとても重要です。ただ、資格や研修など様々なものがあり複雑でした。そこでよりシンプルにキャリアアップができるようキャリアパスの見直しがされました。分かりやすくなった仕組みを紹介したいと思います。

人気記事

  • 高いレベルで働きたいのなら転職がおすすめ

    高いレベルで働きたいのなら転職がおすすめ

    介護の仕事を続けていると、経験や知識が深くなっていきます。よりレベルの高い働き方を目指したいという気持ちが出てきた時は、転職がおすすめです。転職が成功するためのコツをお伝えします。

  • 介護職で目指すべきポジションとは?

    介護職で目指すべきポジションとは?

    介護職の中にも、様々なポジションが存在しています。介護業界でのキャリアパスを見ていった時、目指すべきポジションが定まっていると、仕事への意欲が持てます。ポジションを知り、キャリアアップの目印にしましょう。

  • 介護福祉士

    介護福祉士

    介護福祉士は、国家資格を持つ介護のスペシャリストです。幅広い知識を持った介護福祉士の仕事は、多岐に渡ります。資格取得を含めた介護福祉士になるまでのキャリアパスを、詳しく紹介していきます。